低温でも固まるコンクリート・ジョイントクリート

気温が氷点下に発するほど低い中でコンクリートを打設すると、

初期段階で水分凍結し、コンクリートの強度や耐久性の著しい低下につながります。

ジョイントクリートは無収縮のため、施工後のクラックが発生しにくく、

どの季節(-35℃以上)でも強度発現に優れています。

工場や冷蔵庫、倉庫などの床の補修におすすめです。

joint process

詳しくはこちらをご覧下さい。